割引で格安自動車保険

自動車を運転する方の多くが加入している自動車保険ですが、毎年の保険料が家計の負担になっていると感じている方は多いでしょう。同じ自動車保険でも選び方によっては一万円以上得することがあるので、慎重に選ぶことが大切です。
自動車保険には割引制度があり、条件に当てはまっていれば複数の割引サービスが受けられます。最近ではインターネット割引というワードを目にする機会が多いでしょう。代理店型ではなく通販型の自動車保険に加入する場合は、インターネットを通して手続きを行うと割引が適用されるようになっています。普段からインターネットを利用する方にとっては魅力的な割引サービスと言えるでしょう。
他にはゴールド免許割引や新車割引、セカンドカー割引もありますし、証券を発行しない場合に保険料が安くなったり運転者を限定することで安く抑えることも可能です。ゴールド免許の方は事故を起こす確率が低いと判断されますから、保険料の負担が減って得になります。セカンドカー割引は一台目の自動車保険を契約している保険会社で二台目の保険も契約する場合に適用されます。
これらの割引は重複が可能なものがほとんどですから、賢く選んで格安の自動車保険を実現させましょう。

インターネットで自動車保険申し込み

自動車保険の契約は昔は保険屋さんに家に来てもらったり、または自分の方から保険屋さんのお店に行って契約する必要がありました。しかし現在は、インターネット経由で自動車保険の契約が可能です。自動車保険をインターネットで契約すると、保険料が割引される場合が多いですから、普通に契約するよりもインターネットで契約した方がお得です。ただインターネットだと、保険の設計をどうするか自分で判断しなければいけません。しかし最近のインターネット保険では、サポート体制が充実していますから、そんなに迷うことはないでしょう。保険屋のサイトのヘルプページを見れば、だいたいの疑問は解消します。それでも分からない事があったら、電話やメールで問い合わせてみましょう。丁寧に回答してくれます。インターネット契約の方が、対面契約にくらべて、落ち着いて契約できるというメリットもあります。保険の話はややこしいですから、対面契約だと保険セールスマンの言う事を唯々諾々と受け容れてしまい勝ちですが、ネット契約なら自分の頭で考えて、じっくり契約内容を吟味できます。そうやって自分で考えて保険を設計した方が、自分がどういう保険に入っているのかをしっかり把握できますから、万が一の交通事故の時でも慌てずに対応できます。

自動車保険とバイク保険の違い

自動車保険とは自動車を運転する方が加入する保険、バイク保険はバイクを運転する方が加入する保険となります。対象となる乗り物が違うだけで、補償される内容はほとんどの部分で似ています。
補償のメインとなるのは対人賠償保険の他に対物賠償保険や搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険などです。さらに補償を充実させたいときは自動車やバイクに車両保険もかけることができます。
自動車保険には等級という制度があり、級数が上がれば上がるほど保険料を安く抑えられるという特徴があります。初めて加入する方は1級からではなく6級から始まります。そして1年間事故を起こさなければ次の年には7級になるという仕組みです。級数にも上限があるため、最上級のランクまで上がるとそれ以上の割引を受けることはできなくなります。
バイク保険も自動車保険と同じように等級があり、事故がなければ順調にランクが上がっていきます。自動車保険を別の保険会社に乗り換えるときは等級を引き継ぐことが可能ですが、自動車保険に加入している方がバイク保険に乗り換えようとしても等級を引き継ぐことはできません。初めてバイク保険に加入する方と同じように6級から始めなければならないのです。

高齢者と自動車保険

自動車保険とは、自動車に乗っている時に起こりうる事故や損害について保証をする保険です。
自動車保険には「強制保険」の自動車損害賠償責任保険と加入が各々に任されている「任意保険」とがあります。
自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は自動車や原動機付自転車を運転する際に加入が義務づけされている損害保険です。任意保険は、自賠責保険では保障されない運転手に対する保障や、自分の自転車に対する保障、また自賠責保険を上回る損害賠償責任を負ってしまった場合の保障をするものです。
近年高齢者の不注意の事故が目立ちます。アクセルとブレーキを間違えて踏んで建物に突っ込んで行ったり、高速道路での逆走などよくニュースで取り上げられています。しかし、高齢者の任意保険の加入率の低下もみられます。その背景に年金暮らしで余裕がなく、自賠責保険のみの加入で済ましてしまう傾向があります。もちろん余裕があれば任意保険に加入して万が一の時に備えるのでしょうが、厳しい年金事情のためそうはいかない高齢者も増えているのが現状です。
交通事故は気をつけていても、100%防ぐことは難しいのです。なので、運転する時は万が一の時他人に損害を与えてしまってもきちんと責任を持って対処できるように備えておく必要があります。

↑ PAGE TOP