ビール酵母の摂取量の目安

最終更新日

ビール

近年ではビール酵母のサプリメントがいろいろなメーカーが開発されて、様々な商品が販売されています。

摂取する際に気になるのがどれくらいの量を摂取すればよいかということですが、それぞれの商品の用量に含まれる量にはかなりの幅があるといえるでしょう。

摂取量の目安となる数値は定められていませんが、その理由はビール酵母自体が人間の体に何らかの効果をもたらすものではなく、含まれているビタミンなどの栄養素が体に様々な効果を与えるからです。

ビール酵母が持つ栄養の多くはビタミンB群ですが、ビタミンB群自体には摂取の目安量が定められています。

代表的なサプリメントの場合には、摂取量の目安としては、およそ1グラムから6グラムほどとなっています。

しかし商品によりこの差が大きいのが特徴です。

最も多く含まれている栄養素がビタミンBですが、ビール酵母の配合量が多いサプリメントは、ビタミンBの含有量も多い傾向があります。

そのためビタミンBの1日の摂取量の上限を超えるような商品も存在しますが、ビタミンBは水溶性ビタミンの一つで、たとえ多く摂取してしまったとしても余分なものは尿として体外に排出されます。

そのほかの必須ミネラルの含有量などは、上限が気になるほどの量は含まれていないでしょう。

OK

つまりそれほど過剰摂取を気にする必要はなく、摂取量についてはサプリメントの注意書きに従っておけば、それほど気にする必要もないということです。

気になる場合でも、5グラムほど摂取しておけば十分な量と言えます。

たとえ摂取量の目安に従っていても、豊富な栄養素を含む健康に役立つ食品であるため、その効果を最大限に引き出す飲み方をしたいものです。

もし健康を目的に摂取するのであれば、その栄養素ができるだけ無駄にならないように効果的に飲みたいものです。

最も多く含まれている栄養素はビタミンB群ですが、ビタミンB群は長時間体内にとどめておくことができません。

水に溶けるので一定時間たつと尿として体外に排出されてしまいます。

つまり有効に栄養素を働かせるためにも、摂取のタイミングが非常に重要といえます。

一度に摂取したとしても使われない分はすべて体外に排出されてしまうため、一度に多くの量を摂取するよりは、何度かに分けて飲んだ方がよいと言えるでしょう。

食事

ビール酵母に含まれているビタミンB群や食物繊維の効果を最大限に生かすためには、摂取のタイミングが重要となりますが、その一つが食事の直前です。

食物繊維は水を吸うことで膨らみ、満腹感をもたらすことにつながります。

そのため無意識のうちに食事の量をたらすことができます。

そして含まれている必須ミネラルは、食事から摂取した脂質などと混ざることによって吸収率が高まるでしょう。

そしてもう一つが運動の直前です。

豊富なビタミンBを摂取することにより、エネルギーの燃焼効率を高めて筋肉に十分なエネルギーを供給することができます。

運動のパフォーマンスを高めたり、ダイエットの効率を高めることもできるでしょう。

present

シェアする