80歳の両親に旅行をプレゼント!確認すべきポイントとは

最終更新日

和傘

傘寿のお祝いには、何をプレゼントしますか?ご両親がお元気であれば、旅行をプレゼントするのがおすすめです。

80歳で旅行をプレゼント!?と驚かれる方も多いかもしれませんが、意外と80歳になっても広い世界を楽しみたいと考えている人は多いです。ただ、旅行をプレゼントする際にはいくつかの気を付けるべきポイント、確認しておくべきポイントはあります。

親は子供がプレゼントするならば何でも喜びますが、羽を伸ばせるチャンスをもらうと生きるモチベーションも大きく上がります。

自宅にいても夫婦で同じ時間や空間を共有することはできますが、いつもとは違った場所で過ごすと若い頃のような新鮮な気持ちが蘇って思い出話に花が咲くこともあります。

ただ、やはり80歳ともなると、体調が不安定になったり、体力が低下したり、人によっては治療中の病気の心配や介護の心配もあるでしょう。どんなに元気な方でも、旅先で何かあったらどうしようと不安があるかもしれません。

そんな心配から、心の中では旅行に行きたいと思っていても、誰かのお世話になるかもしれないという不安から、自分からは旅行に行きたいと言い出せない人は多いものです。もし、そんな思いを胸にしまっている両親に旅行がプレゼントできたら、とても喜ばれることでしょう。

傘寿祝いの旅行は国内がおすすめ

道路を走る車

海外は長時間の移動や日本語が使えない環境などでストレスが大きいので行き先は国内の方がベターです。

非常にアクティブで言葉の不安もなく若い頃から海外旅行に行ったり強く憧れたりしている両親ならば、少し予算を多めに海外を視野に入れても構いません。

国内で済ませるならば、移動手段は公共交通機関より自家用車の方が両親は気を遣わないので楽です。子供がついて行ってくれるという楽しさもあります。疲れたり、トイレに行きたい時など、遠慮なく言えるため心配が少なくて済みます。

移動時間が長くなる場合は、背もたれにクッションを挟んで腰への負担を楽にしたり、頻繁に休憩したりして無理がないよう時間に余裕をもって出掛けましょう。

宿泊施設は中高年向けの旅館を選ぶと、バリアフリーが整っているなど両親の負担を軽減できます。

若者が多く泊まっているホテルだと騒がしくなることもあり、気持ちはまだ若い両親でも気疲れしてしまいます。

ゴールデンウィークやお盆など旅館の繁忙期を避けて、閑散期に訪れるのも親子水いらずを楽しむコツです。

シルバースター登録を持っている旅館は、全国旅館生活衛生同業組合連合会にサービスや料金、設備などが高齢者を含めた全ての人に優しいと認められているので安心です。

温泉と食事が魅力的な宿泊先を選ぼう

温泉

旅行中は観光地を巡ったりグルメを楽しんだりと様々な体験ができますが、その中でも傘寿の両親を癒してくれる温泉は体を温めて不調を改善する効果が期待されます。

泉質にはいくつかの種類があり、単純温泉が日本で最も多く柔らかい肌触りで肌がピリピリしません。塩化物泉は舐めると塩辛いのが特徴で塩分やマグネシウムを多く含みます。

高齢になると肌の水分量が減少し皮脂の分泌も不足するため、乾燥による皮膚疾患を起こしやすくなります。塩化物泉は保湿効果が高く、単純温泉の次に数が多いので全国の旅館の中から見つけやすいです。

傘寿にもなれば個人差はあっても若い時と比べて足腰が自由に動かせなかったり眠りが浅くなったりします。

老いていく自分が家族の負担になるのではといった心のストレスも多く、温泉にゆっくり浸かってリラックスさせてあげることが大切です。

心身のストレスが生活の質を下げるともいわれ、家族旅行でリフレッシュできればこれからも長生きできる可能性が高まります。

温泉は体力を消耗するため、両親が部屋に戻ってきたら少し休ませるようにします。若い人の有り余るエネルギーで物事を考えると両親はついて行けなくなります。

そして、旅行での楽しみといえば、食事も忘れてはいけませんね。旅先の有名なグルメを心置きなく堪能できるような食事でお祝いしてあげましょう。足腰が不自由なようであれば、畳に座るよりも椅子に腰かけた方が楽な方も多いです。宿泊先を調べる際は、そのような点もチェックしておきましょう。

限られた時間内での旅行であっても、急がないでゆったりとした時間を過ごせば帰宅後に疲れが出ることを防げます。

 

おすすめ記事→両親の米寿のお祝いに旅行をプレゼントしよう!

findinsurance4you

シェアする