ハイト ビール・発泡酒

韓国

ハイトビールは、韓国にある会社で1933年に設立した当時は朝鮮麦酒株式会社という名前の会社でした。

しかし1993年に主力商品のハイトが大ヒット。

これにより、この商品名からとった今の会社の名前に1998年に変更しています。

みなさんもご存知の通り、かつて朝鮮半島は日本が統治していました。

その当時の日本の大手酒造会社が主に朝鮮人の方たちに飲んでもらうビールを造るため、1933年の8月に朝鮮の企業と半分ずつ資本金を出し合って600万円の資本金で朝鮮麦酒株式会社を創業したのが最初です。

そのために取り扱っている商品のラベルにはsince1933と記載されています。

1934年の9月には醸造所がソウル市の永登浦区にあたる地域に設立されて1934年の内にビールが造られて出荷されていました。

1952年以降はしばらくクラウンというブランド名を使って販売していました。

しかし競合他社に韓国国内のシェアで大幅に差を開けられていた朝鮮麦酒株式会社。

水

1993年に地下を150メートルの深さまで掘り下げて手に入れた天然岩盤水で製造したビールである、ということをセールスポイントにして発売されたハイトが非常にヒットしたのです。

この大ヒットによって、競合他社のシェアを超えて韓国国内でトップのシェアの会社に成長し、1998年に社名を今現在使われているハイトビールに変えました。

2010年の8月には、デンマークの企業と共同で開発して生まれたドライな味わいのハイトディーを新たに発売して、わずか44日の間に1千万本を販売したのです。

競合他社もシェアを回復させるために新たな商品を次々と発売していますが、韓国国内のシェアナンバーワンの地位をずっと維持し続けています。

2010年以降は日本に対しても輸出をスタートさせているのです。

主力となる商品は、今の会社の名前の由来にもなっているハイトで、氷点濾過という製造方法で雑味と不純物を取り除いています。

マックスは、韓国国内で最も初めに販売された100パーセント麦芽を使ったプライムという商品をリニューアルして提供しているものです。

Sプレミアムライトビールはアルコールの含有量が3.8パーセントになっています。

ビール

カロリーも他の商品の3分の2に抑えているライトな味わいです。

そのためダイエットをしている人におすすめできる商品となっています。

日本に向けて開発された商品としては、ビッキーというフルーツの爽やかな香りがする飲み物を韓国の大手焼酎メーカーの日本支社が輸入して販売している状態です。

他にもプライムドラフトレギュラーとプライムドラフトグリーンという爽やかなのどごしとキレがある味わいを実現させた発泡酒も提供されています。

そして、プライムドラフトアルコールフリーという1番麦汁とドイツで栽培されているアロマホップを使用してコクを出した飲み物も取り扱われているのです。

プライムドラフトシリーズの商品は、韓国から日本に輸入されて日本の食品会社が販売しています。

present