60歳の還暦祝いに相応しい花と避けるべき花

60歳の贈り物にプレゼントして良い花と避ける花

還暦祝いのプレゼントに花束を贈ろうと考える人はかなり多く、贈り物の定番と言えるのではないでしょうか。

元々還暦祝いに花束を贈る風習があるわけではありませんが、お祝い事に花束を贈る文化が根付いている日本では、還暦祝いでも花束をプレゼントするのはおかしなことではありません。

還暦祝いと関連性のある赤のバラを利用したものや、季節の花を使ったものなど、贈る相手の趣味や趣向に合わせて柔軟に花束を作れるのもメリットです。他のプレゼントに添えるだけでも、とても華やかになりますよね。

定番ならば、やはり関連性があり豪華に見える赤いバラが良いといえます。

愛情を意味しているのはもちろんのこと、還暦にぴったりの赤のバラを年齢の数である六十本贈るという人はかなり多く、とてもゴージャス。定番とはいえ嬉しくない人はいません。

バラ以外にもグロリオサも人気です。バラと同じく赤色で高級感のある印象であり、個性的なので本数が少なくても彩り良くなります。

栄光や勇敢といった意味が込められており、これからの日々をより良く過ごして欲しいという願いを伝えることもできます。

ダリア

そのほかにもダリアもオススメです。

豊富な色合いと咲き方でさまざまな表情を楽しむことができるダリアは、華麗や気品といった意味があり、還暦という年齢にふさわしいかとは間違いありません。

お祝いの定番といえば、やはり胡蝶蘭ではないでしょうか。上品なであり、赤や白、ピンクといったおめでたいカラーにすることで、祝いをより華やかにすることができます。

胡蝶蘭には、幸福が飛んでくる、純粋な愛といった意味があり、日頃の感謝を伝えるためにもぴったりです。お祝いの場に相応しい、上品さや優雅さを感じさせるお花ですね。胡蝶蘭は、きちんとお世話をしていれば、また来年も花を咲かせてくれます。これは、二度咲きといって、とても縁起の良いこととされています。

胡蝶蘭は、基本的に割れない(別れない)本数として、3本や5本といった偶数で贈る習慣があります。本数だけでなく、花の数にも注意しましょう。四本や九本、四つや九つは、死と苦を連想させるため縁起がよくありません。

胡蝶蘭の他にも、デルフィニウムがおすすめです

デルフィニウムには、あなたは幸福をふりまくという意味があり、今後の人生も幸福でありますようにという意味と、周囲の人にも幸福を振りまく存在ということを伝えることができます。

気をつけなくてはならないのが、適していないものもあるということです。

まず、椿は首から落ちるなど死を連想させてしまう傾向にあるので祝いには望ましくありません。

アジサイ

それ以外にも、アジサイにも気をつけるようにしておく必要があります。アジサイの場合は人によってとらえ方が違うことがあります。

アジサイは、色が変わることから物事が安定しないことを意味している場合もあり、プレゼントをするとあまり良い印象を受けない人もいるので気をつけなくてはねりません。

見た目が美しいものでも、意味を考えるとお祝いには適していないものも数多く存在しており、高齢の方ならば意味を知っている人も多いので、なおさら気をつけて選ばなくてはなりません。

種類だけではなく、本数にも気をつけるようにしましょう。四本や九本などは、不を連想をさせてしまうことになります。

縁起の悪い言葉などに結び付くので本数にも十分気を付けるようにしましょう。

どれを選ぶのかは、かなり重要なポイントとなってくるので、贈る際にはしっかりと意味を調べ考えた上で贈るようにしましょう。

もし、知らないうちにタブーをおかしてしまっていたらどうしよう、と不安な方は、花屋さんで相談すると安心です。お祝いに相応しい花束やアレンジメントをしてくれるため、自信がない場合は花屋さんに還暦祝いであることを告げ、アドバイスしてもらいましょう。

インターネットでも、フラワーギフトを扱うお店はたくさんあります。還暦をはじめ、長寿のお祝いにちなんだものがたくさん販売されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

お勧めの参考記事→還暦祝いのプレゼントとして贈って良い花と贈ってはいけない花 

findinsurance4you

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする