還暦祝いの贈り物におすすめのものと選んではいけないもの

最終更新日

まるとばつ

還暦は定年を控えたタイミングで、60歳という節目を迎えるお祝いの年齢です。

現代では80歳で現役の人も珍しくありませんが、昔の60歳は平均寿命に近く、このお祝いは今よりも特別感が強かったといえます。

その為、プレゼントにはおすすめのものと、選んではいけない相応しくないタイプが存在します。

還暦の象徴は「赤」

赤

基本的には赤い色が特別とされていて、魔除けの意味でちゃんちゃんこや頭巾を用意することになります。

長生きを願ってお祝いをするわけですから、贈り物も赤い色にちなんで検討するのがポイントです。

赤いちゃんちゃんこ、それに頭巾と合わせるように、赤い下着やシャツを贈る方法もあります。

ちゃんちゃんこなどは、一度使用した後は保管するだけで、実用的に使うのは難しいものです。

しかし下着類などは実用的ですし、還暦を過ぎてからも愛用できる一品となるでしょう。

最近の人気は「オーダーメイドギフト」

オーダーメイド

最近は、メッセージ入りのオーダーシャツも登場していますから、贈る相手へのメッセージを添えたオーダーメイド品がプレゼントにおすすめです。

金額的には手頃ですし、オーダーメイドといっても比較的安価なので、懐事情に余裕がなくても選べます。

もっと予算が限られていたり、手作りで何かを贈りたい場合には、市販されている無地のシャツにプリントするやり方もあります。

無地ならシャツを質感や作りで選べますし、プリンターとアイロンがあれば自宅でも簡単に作ることができます。

耐久性は流石にオーダーメイドに譲りますが、赤い衣類を贈るという希望と、予算が限られている事情があるなら有力な選択肢です。

女性にはアクセサリーや美容ケアグッズ

アクセサリー

女性に還暦のお祝いをしたいなら、何時までも素敵でいて欲しい気持ちを込めて、アクセサリーを贈るのも一つの手です。

おしゃれに年齢は関係ありませんし、見るだけでも楽しんでもらえるプレゼントなので、素敵な60歳に検討したい品物です。

美しさといえば、美容ケアグッズも選びやすい品物で、予算に合致する贈り物が選べる現実的な候補です。

あまりに機能が豊富過ぎると、使い方を難しく感じてしまう恐れがありますから、なるべくシンプルで期待の結果が得られる商品が贈り物に最適です。

男性には趣味に関するものか腕時計

ゴルフ

スポーツが好きな男性には、ゴルフに適したポロシャツであったり、格好の良い使いやすい腕時計も狙い目となります。

ゴルフに限らず衣類は実用的で、貰っても困ることは少ないですから、贈る側も相手の生活に合わせて選択できるのが魅力です。

還暦を感じさせない外出を好む行動派には、文字盤の赤い腕時計を選んで贈る選択肢もあります。

スポーツの際も、普段の外出時にも実用的に使えますから、こういった方向性で腕時計を贈り物に選ぶのもありです。

予算的には1万円と少しでも足りるので、高額な品物を選ぶのが難しい学生から、お爺ちゃんやお婆ちゃんにあげるプレゼントとしても適しています。

赤という縁起の良い色を踏まえて、気持ちのこもる品物を選んでいれば、基本的には何を選んでもそれが特別な贈り物です。

品物を選ぶ際に注意すべきポイント

4と9

ただ、老いや苦痛を連想させるものはご法度なので、そういった品を選択しない配慮が不可欠です。

杖や老眼鏡といった品物は、本人が既に使用していたり、抵抗感がない場合なら問題ないでしょう。

ところが、60歳の時点で不使用でまだまだ必要がない様子なら、余計な老人扱いをし兼ねないので避けた方が無難です。

本人が希望したり求めた時点で、改めて贈っても遅くはありませんから、還暦は60歳を迎える節目と考え、老いに関連する品物は別の機会に送るのが懸命です。

一方では苦しみを連想させる9や、死と無とも読める4や6の数字が入った品物もご法度です。

本人は気にしないとしても、周りが気にする恐れがあったり、不吉で縁起が良くない数字なのは確かです。

これは漢数字でも同様ですから、衣類をプレゼントする時は特に、目立つところに入っている数字に気を付けましょう。

ただし、文字盤のように横並びの数字や、羅列される中にこれらの数字が入っているなら例外です。

お茶も還暦にはあまり向かない品物で、縁起を大切にする人には絶対に避けた方が良い贈り物とされています。

お茶自体は健康的ですし、決して忌み嫌われるような品物ではありませんが、香典返しのお茶とお葬式を連想させるので要注意です。

必ずしも厳禁というわけではありませんが、おめでたいお祝いの雰囲気に水を差したくないなら、お茶は避けた方が懸命だといえるでしょう。

昔の考えを大切にしている人にとっては、死を連想させる椿の花も選択肢から除外する必要があります。

昔から、長寿のお祝いに椿の花はタブーとされているので、これもプレゼントには選ばないのが原則です。

櫛は苦と死の語呂合わせで、数字の9や4のように避けるべき贈り物とされています。

ハンカチは日本語で手巾と書きますが、手切れと読むこともできるので、大切なお祝いの特別な相手には不適です。

縁が切れてしまうと考えられているので、大切に思う相手なら、より一層意識的に避ける注意が必要です。

 

参考サイト→還暦のお祝い屋

 

合わせて読みたいお勧めの還暦の食事会記事→還暦祝いの食事会はどこで行うの?おすすめの場所と相場を徹底紹介!

present

シェアする